プレゼント用にも最適

印鑑は自分用に作るだけが全てではありません。家族や友人などに印鑑をプレゼントするケースも、増えてきました。そんなプレゼントで渡す機会が増えてきた印鑑ですが、プレゼント用の印鑑で人気の印鑑はどのような印鑑なのかをみなさんはご存知でしょうか。その人気の印鑑の一つに、手彫りの印鑑があります

印鑑手彫りの印鑑は決して安いわけではありませんが、世界に一つだけの物として考えるとプレゼントをもらった側はとても嬉しく思うものです。実印や銀行印は基本的に一生のうちで買い替えることがほぼありませんので、その点を考えればお金をかけて作りたいと思うものです。そうしたお金がかかる手彫りの印鑑をプレゼントしてあげることは、とても喜ばれることでしょう。

ただし、もちろん自分の印鑑は自分で作りたいという方も中にはいるかと思いますので、プレゼントする相手を選ぶことはもちろんのこと、可能であれば事前に聞いてから作ってあげた方が結果的にいい場合もあります。手彫りの印鑑をプレゼントした後に既に印鑑を持っていることがわかったり、あまり必要ないと思われてしまったりするとプレゼントする側もあまり気持ちが良いものではありませんので、どちらにしても作る前には事前準備を怠らないようにしましょう。

 

手彫りと手仕上げの違い

手彫りの印鑑は通常の印鑑に比べて少し値が張るというところがデメリットです。しかし、偽造のリスクやオリジナル性という点を鑑みれば少し高いのも納得できる印鑑です。それでも手彫りの印鑑は少し値段が高いので他の印鑑で手彫りと同じように作れないのかと悩んでいる方に今回は手仕上げ印鑑という印鑑をご紹介させていただきます。

手彫り印鑑この手仕上げ印鑑ですが、手彫り印鑑と比べてみるとどのような点が異なるのでしょうか。手彫り印鑑はその名前の通り、全ての作業を職人が一つ一つ丁寧に手彫りで行うというものです。それに比べて手仕上げ印鑑は、最終段階までは全て機械で作業を行い、最後の微調整を行う部分を手作業で行うことでクオリティーを限りなく手彫り印鑑に近づけた印鑑なのです。

もちろん手彫り印鑑の美しさにはかないませんが、どうしても手彫り印鑑を少しでも安く作りたいという方にはこの手仕上げ印鑑は非常に魅力的な印鑑であると言えるでしょう

ちなみに手彫り仕上げの印鑑は通販で購入できることが多いです。通常のはんこ屋さんではあまり見かけるケースがありません。従って、もしこの手仕上げ印鑑が気になるという方はぜひ通販を確認していただき、値段の部分などと照らし合わせて、この手仕上げ印鑑を購入することをおすすめします。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket